FC2ブログ
2019年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2006'07.02 (Sun)

□■ 人生は結果オーライ!(7)■□

■ 人生は結果オーライ!(7)■
上総かける(原作:杜山加英)

冬水社/いち*ラキコミックス

人生は結果オーライ!7


【More・・・】

6巻の感想を書こうと思っていたのに…7巻が出てしまいましたぁ♪(笑)
今回の『結果オーライ』は“セイ、不法入国す”編と“北さんとヒロシ”編+北さんフィーチャリングの描き下ろし『罪すぎです~北さん編~』で構成。

タイムスリップ体質であるセイと「セイはおれのピアノ」と公言する天才ショパニスト比呂志は同居中。
しかし…ナニやら最近、セイの周りが騒がしい★
セイの画像がネットオークションで売買されるまでの騒動に発展しているのだが、セイはいつ自分が時空を飛ばされてしまうのか不安で仕方ない!
そんなある日、比呂志はオーストラリアロケに出発。
海外に出た時に時空を超えてしまっては大変とセイは留守番になったのだが、比呂志がスーツケースのカギを忘れてしまったコトにおろおろしているウチにイキナリオーストラリアに飛ばされていて…。

セイが比呂志に逢いたい!と強く願う時、時空を超える☆
ナンか“時をかける”法則がちょっとだけ判った気になった7巻です(笑)。
フライトも税関もすっ飛ばし、いきなりオーストラリアのビーチで固まるセイを救ったのは、ただ1人、過去と未来が錯綜するセイたちの歴史を知り尽くしている人物、(今井生徒)会長だった。
笑顔でセイに近付く会長ですが、イツ見ても会長って胡散臭いよね♪(笑)
で、たかいはそーんな会長が大好きです!(爆)
会長と比呂志…セイを挟んでのやり取りも妙に好き。
会長の前では比呂志と云えども子供で、しなくてイイ嫉妬丸出しなのがナンだか可愛い♪
“国境”の壁の前に離れ離れになってしまったセイと比呂志!
セイが比呂志を想って流す涙が切ないんだよね…。
だからこそ、そのあとの

おかえり…おれのピアノ

って、比呂志の笑顔つきのヒトコトにグッとくる!
それにしてもセイが自分の意志で時空を飛ぶ日はちゃんとやってくるのでしょうか?(笑)

そして…。
この巻の主役は間違いなく北さんでしょ♪って展開の後半。
ココに久々にチビヒロが出てきて大満足!
小生意気なチビヒロも北さん流の持論展開にはタジタジなのが可笑しい☆
誕生日プレゼントを巡ってこじれてしまう、北さんと比呂志ですが…。
おぉ、やっぱ北さんだぁ!大きいよあんた!(爆)
“素”の北さんの言葉の真意を知って赤面しちゃう比呂志の図にキュンキュンしました♪
そんな比呂志の心中を察し、髪をくしゃくしゃするセイ…。
それぞれの行動の先まで読み手が見通せるくらいキャラが生きてて、本当に面白いです、このお話♪
ちょっと先になりますが11月に出る予定の8巻も楽しみッ!
Edit |  01:29 |  ▲人生は結果オーライ!  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

Comment

コメントを投稿する


管理者だけに表示

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME |